FC2ブログ

Urogynecology and Reconstructive Pelvic Surgery

To create a nationally recognized Center of Excellence for the diagnosis and treatment of female pelvic floor disorders, technological innovation, and emphasizing quality care, .

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2006年のしめくくり

今年もおせわになりました。
今年もずいぶんたくさんの方が、全国から来てくださいました。
どなたも、満足できるようにできたと思います。
まだまだ、いろいろ努力して、わかりやすくしていきたいです。
どうぞ、訪ねてきてください。

kenji001.jpg

(宮沢賢治 花巻市)

スポンサーサイト

PageTop

講演会

2007年1月17日に都内(城北地区)で、”排泄ケア”の講演会をすることにしました。
京王プラザホテル(開催場所変更にて注意してください)  

パンフレットはこちら↓
20070117080.jpg


日時: 1月17日(水曜日)午後6:30から
6:30から 聖路加国際病院看護部 田中順子さんの講演
7:10から 奥井識仁の講演です
なお、会費は1000円(1施設あたり)です
排泄ケアに日ごろから興味のある方なら入場できます

PageTop

あたらしい取り組み

 現在頑張っているあたらしい取り組みを紹介します。2003年の日本泌尿器科学会で発表したのですが、子宮脱などで子宮を摘出したあとで、膣壁形成術をおこなうときに、その縫い方によりとてもいたい場合があります。とまり、手術中は麻酔がかかっているので、つい必要以上に占めすぎてしまうのです。その点は、随分前の自分の手術も締め方がきつかったかもしれません。そこで、その締めすぎて痛みのある人をなおそうという取り組みです。
 実のところ、この手術はとても難しいです。今のところは、膣と肛門の間のところの痛みの強い人数人にたいして、もう一度手術をやりなおすことをはじめてみましたが、術中、何度も、この程度かなあ?もうすこしゆるいほうがいいかなあ?と悩むことしきりです。でも幸いですが、いまのところみなさん感謝してくださっているようで、よかったと思います。
 子宮を摘出したあとで、おなかが痛いことにたいしては、今の所の自分の技術ではなおせません。しかし、膣と肛門の間の部分でしたら、なんとかなる気がします。かなり難しいかもしれませんが、この分野の相談にはのっていこうと思います。

PageTop

病院へのアクセス

病院へもっとも近い駅は、
京浜急行の横須賀中央駅
JRの横須賀駅
です。京浜急行の場合は、品川から1本で来ることができます。
この路線は、横須賀・横浜の人が品川へのアクセスに使っているので、混んでいる時間は、のぼりは朝、くだりは夕方です。
だから、病院へは、東京から来るとすると、朝はくだりなのですいています。夕方はのぼりなのですいています。


続きには、京急線の路線図をのせています

つづきを表示

PageTop

eUrology

排泄ケアのページをはじめたのは、1996年です。そのとき、eUrologyという名前にして、ずいぶん多くの方と交流しました。当時は、排泄ケアの参考図書がすくなかった時代なので、そのホームページにいろんな人が書き込みをしてくださり、まとまっていったのです。まとまったものを、自費出版して勉強会につかうようになり、それがさらにいろいろ書き込んで仕上げたのが、この本です。

4525520310.09._SS500_SCLZZZZZZZ_V1100490761_.jpg


このeUrologyでは、さらに最近のイラストや写真をのせてみます。ケアの参考になればとおもいます。

PageTop

尿道カテーテル

カテーテルが入ると、尿はカテーテルからでてくることになります。ただし、男性で陰茎(ペニス)の動きが大変強い人は、カテーテルの周りからもれる場合もありますが、とにかく残尿を沢山ためていることを回避するには、この尿がでることが大切なのです。

つづきを表示

PageTop

尿道カテーテル

尿道にカテーテルがはいっていると、大変あれやすくなります。そこで、毎日清拭をすることをすすめます。
お風呂にもはいるこができます。湯船の中に入ることも可能です。長期に寝たきりの人では、1日に1回は蒸しタオルで陰部を清潔にケアしてあげることが必要です。しかし、石鹸をすけてごしごしあらう必要はありません。

つづきを表示

PageTop

尿道カテーテル

歩けるひとの場合ですが、この写真のように尿バッグを、膀胱より高い位置にしてはいけません。
20061215232254.gif

このようにすると、尿バッグの中の尿が、膀胱に逆流してしまうのです。

PageTop

尿道カテーテル

安全な場所は、膀胱より下になるのです。

20061215231857.gif

PageTop

尿道カテーテル

この方のように、袋で尿バッグを隠してしまうのも、一つの方法です。
20061215231703.gif

PageTop

尿バッグ

これが、尿バッグです。
尿をためる袋と、尿道カテーテルを接続する部分と、排液する部分にわかれます。

20061215231509.gif

PageTop

尿バッグの排液口

この部分が排液口です。
ブルーの部分をスライドすると、排液できるようになります。

20061215231148.gif

PageTop

尿バックの排液口

20061215230811.gif


このように、排液口からは、左にスライドすると尿がでてきます。右のようにスライドさせると尿をとめることができるのです。

PageTop

尿道カテーテルのトラブル

しばしばみられることには、カテーテルが折れ曲がっているケースがあります。このようなときは、尿がでなくて困ってしまいます。しかし、救急車に連絡する前に、ひとめ見てください。これまがっているなら、服をおろして、カテーテルの流れをよくしてみるのです。そうするとそれだけで、尿がでてきます。
20061215230514.gif

NOBUO OKUI& MIYUKI MOTAI KOUDANSYA

PageTop

尿道カテーテルの折れ曲がり

図の男性は、この部分でカテーテルがおれまがっていました。そこで、ズボンをぬいだらなおったのです。ズボンをぬいでいただいて、おれまがっていたところを、再現してみました。

20061215230227.gif

PageTop

尿道カテーテルの人のお風呂

お風呂について説明します。カテーテルは、先端をキャップにすることができます。キャップにすれば、尿バッグをつけて歩くことがなしですみますし、みためがすっきりしています。尿意を感じたら、といれで排尿するように、カテーテルのキャップをはずせばいいのです。

20061215225742.gif

PageTop

尿道カテーテルのキャップのあけしめ

カテーテルのキャップは、このようなものです。キャップは、とくにアルコールで消毒する必要はありません。水道でしっかりあらうことが大切です。

カテーテルのキャップを抜くときは、まずカテーテルをおりまげて尿がもれないようして、そしてキャップを抜くとよいのです。

20061215225200.gif

これは、カテーテルの先をゆびでまげて、尿が漏れ出ないようにしているところです。

20061215225207.gif

これは、キャップの抜き差しをしているところです。

PageTop

尿道カテーテル Q AND A

尿道カテーテルについて良くある質問です。

Q 尿道カテーテルがつまっているような感じです。
A まず、尿の流れをみましょう。次にカテーテルが折れ曲がっていないかみてみましょう。もし、おなかがはって苦しいということがなければ、すこし時間をおいて確認してみましょう。おなかがはってくるしい場合は、連絡してください


Q 尿道カテーテルの交換に通院でするのが大変なのですが?
A 泌尿器科では基本的に、かかりつけ医を紹介します。かかりつけ医による往診や訪問看護で交換することができます。家庭事情などを相談してください。


Q 尿道カテーテルは将来抜くことができますか?
A 個別の病状により異なります。


Q 尿道カテーテルをやめて、間欠的導尿にしたいのですが?
A 確かに間欠的導尿の方が、からだの負担が少ないです。指導しますので、泌尿器科へ相談してください

PageTop

テンション・フリー・トータル・メッシュ手術

この手術は、TVM手術ともいわれる手術です。メッシュというやわらかい素材を腟から挿入して、骨盤全体でささえるようにするものなのです。子宮脱の極端なもので子宮を摘出したくない人とか、子宮を摘出後に骨盤内蔵器が腟から落ち込んでしまったケースなどに適応です。

実際のケースは
http://japan-womenshealth.com/introduction.htm
にのせていますから、みてください
ただし、実物の写真をのせていますので、気分がわるくなる人はやめてください。
この手術は、私たちがもっとも力をいれて頑張っています。下半深麻酔をかける女性泌尿器科手術、毎月約40件のうち、10から15件がこの手術です。1件1件大変、私達にとっては、むずかしいのですが、幸にも、出血量が20MLから200MLと少なくすんでいて、手術は毎回うまく出来ているようです。難しいポイントは、わずかにきつくしますぎれば、尿がでなくなるし、ゆるすぎれば再発します。そして、ひっぱることで、痛みがあればよくないと考えて、その人その人の女性器の形を考えながら、「20年前はこんな風だったろう」と想像をしていくのです。20年前の姿にもどすのですから、排尿障害も排便障害もなおるのは、充分可能なのです。

さて、もし、どの病院へいっても、「もう子宮を摘出してしまったし、このような難しいのはできない」などといわれたら、来てください。この手術に関しては、本当に沢山常時おこなっているので、アドバイスできると思います。
ただ、全国的にも、このメッシュを安定して100件以上しているところは少ないのが現状です。たしかに、特殊なので、こればかりすることができるのは、私たちがとても幸運なことと思います。この手術はいつもしていないと、なかなか難しいのも言える手術とおもいます。

PageTop

過活動膀胱

尿失禁の大部分は、尿意を感じると待つことができないために、トイレまでまにあわない『切迫性尿失禁』です。また、膀胱の出口がゆるんでしまったために、咳やくしゃみなどの腹圧をかけると尿がもれる『腹圧性尿失禁』があります。
切迫性をさらに具体的に表現すると、トイレで下着を下ろすまでに我慢できずにもらしてしまう『ドアノブ尿失禁』や、水仕事をすることにより尿がもれる『手洗い尿失禁』といったものがあります。このように表現すると、思い当たるものがあるかもしれません。
『過活動膀胱』というものは、尿意切迫感と頻尿があるものです。大変多くの方がその症状があると思います。40歳以上の方の12%があてはまるといいます。
このような場合は、排尿日誌で、水分摂取や尿量のパターンを自分で把握したのちに、何時にどのように飲水をするかとか、運動をどう始めるかとか、お風呂をどのように入るか、などといったことを勉強していくことが大切です。その上で、抗コリン剤などの薬を服用していきます。
『過活動膀胱』は全国の泌尿器科の外来で処方されています。わざわざ、私達のところまで受診されなくてもかまいませんから、ぜひ、排尿日誌などで自分をみつめることからしてみてください。きっとヒントがみつかると思います。

PageTop

12月の外来の案内

月曜日 (午前)初診と再来外来 (午後)女性泌尿器科の造影検査
火曜日 (午前)手術      (午後)手術
水曜日 (午前)初診と再来外来 
木曜日 (午前)初診と再来外来 
金曜日 (午前)日帰り手術   (午後)術後の方だけの外来
土曜日 (午前)初診と再来外来 

12月の土曜日外来 12/2 および 12/16
予約は必要ありません
どの外来も奥井識仁が第一外来、奥井まちこはサポート役になっています。

性器脱(子宮のある方): 子宮癌検診をうけて紹介状を作成してから受診してください。
性器脱(子宮摘出後の骨盤内蔵脱の方): 内科の紹介状を作成してから受診してください。

お願い:当院は地域支援を目的とした病院で、地域の患者様か紹介状をおもちの方の治療を大切にする病院方針があります。ですが、子宮摘出後の骨盤内蔵脱などは、全国的に数人程度しか年間100件以上の手術を専念している医師がいないことが背景になり、私の活動は認められています。そこで、できるだけ初診のときに、紹介状をお願いします。(初診のときの紹介状があれば、横須賀市に対して、病院の本分をしていると主張できます。そうすれば、より女性泌尿器科に専念できるのです。)また、子宮のある方で、子宮摘出しない手術方法にも取り組んでいますが、その場合、子宮癌があったら、治療が根本的になりたちません。そこで子宮癌検診をおねがいします。私の取り組んでいる分野は、なかなか相手にしてもらえないことが多く、傷ついて受診される方が多いのは良く知っております。特に子宮摘出後の重症ではそうでしょう。ですから、その場合、内科の先生でたいへん有難いですから、ぜひ紹介状を書いてもらってください。大変お手数をかけますが、どうかよろしくおねがいします。

PageTop

12月の外来のおしらせ

12/28午前まで外来をおこないます
12/28午前は、予約が少ないですので、新患の方はご利用ください

PageTop

病院へのアクセス

JR横須賀駅からはタクシーかバスを利用してください。

map02.gif

PageTop

病院へのアクセス

病院へのアクセスを説明します。
京急横須賀中央駅からの場合は、歩いて10分ぐらいです。タクシーは拾いやすいです。坂をのぼる方向へ向かってください。
map01.gif

PageTop

泌尿器領域の医療とケア研究会

平成19年1月17火(水曜日)に
泌尿器領域の医療とケア研究会にて、講演をします。
京王プラザです。
テーマは、
『排尿ケア:介護している人にも、看護師、介護士、主治医にも役立つ5つのコツ』です。
どなたでも参加するkとおができます。(1施設会費1000円です)
20070117080.jpg

詳しくは、上記パンフレットをみてください。

PageTop

アクセス JR横須賀駅

2面3線のホームを持つ地上駅で、2番線と3番線のみつかわれています。駅構内に階段が無いことがこの駅の特徴ともなっており、かつて駅のスタンプにも「階段のない駅」の表記があったほどです。つまり、足の不自由のある人は、JRがいいと思います。また、JRでは、駅に入る前に窓口で、グリーン席をかえば安く手にはいります。JR駅からは、バスかタクシーで病院へいきます。

E6A8AAE9A088E8B380E9A785E382B3E383B3E382B3E383BCE382B9.jpg

つづきを表示

PageTop

アクセス 横須賀中央駅

病院へのアクセスには横須賀中央駅かJR横須賀駅ですが、中央駅は周囲にデパートなどがたくさんあって利用しやすいです。入院に必要なものは、院内でも取り揃えられますが、おしゃれなものになると、横須賀中央にでれば一通りは見つけることができます。横須賀中央駅は、階段がおおいですが、エスカレーターがついています。車椅子の方は駅員さんにたのむとよいと思います。

PICT0039_corrected.jpg

つづきを表示

PageTop

南館の中庭

南館の中庭には、採光を考えてパテオがつくられています。南館の裏は、山の一部なのでが、かってはうっそうとした雑木林だったのが、いまはきれいにされています。
DSC06720.jpg

PageTop

南館へのわたり廊下

南館へは渡り廊下をわたって移動します。この廊下は、半分がガラスになっていて、空中散歩で、気持ちよい廊下になっています。

DSC06420.jpg

PageTop

日帰り手術センター

日帰り手術センターは、4つの術後回復ベッドがあって、手術室に直結しています。この回復ベッドのところには、窓があって日差しを感じることができます。とはいえ、周囲を壁で囲んでいますので、外から除くことはできません。なかなかこだわったつくりになっています。毎週金曜日の泌尿器科枠になると、このベッドはすぐ埋まります。治療前と治療後をベッドに休んで過ごします。
DSC06891.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。