FC2ブログ

Urogynecology and Reconstructive Pelvic Surgery

To create a nationally recognized Center of Excellence for the diagnosis and treatment of female pelvic floor disorders, technological innovation, and emphasizing quality care, .

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

過活動膀胱

尿失禁の大部分は、尿意を感じると待つことができないために、トイレまでまにあわない『切迫性尿失禁』です。また、膀胱の出口がゆるんでしまったために、咳やくしゃみなどの腹圧をかけると尿がもれる『腹圧性尿失禁』があります。
切迫性をさらに具体的に表現すると、トイレで下着を下ろすまでに我慢できずにもらしてしまう『ドアノブ尿失禁』や、水仕事をすることにより尿がもれる『手洗い尿失禁』といったものがあります。このように表現すると、思い当たるものがあるかもしれません。
『過活動膀胱』というものは、尿意切迫感と頻尿があるものです。大変多くの方がその症状があると思います。40歳以上の方の12%があてはまるといいます。
このような場合は、排尿日誌で、水分摂取や尿量のパターンを自分で把握したのちに、何時にどのように飲水をするかとか、運動をどう始めるかとか、お風呂をどのように入るか、などといったことを勉強していくことが大切です。その上で、抗コリン剤などの薬を服用していきます。
『過活動膀胱』は全国の泌尿器科の外来で処方されています。わざわざ、私達のところまで受診されなくてもかまいませんから、ぜひ、排尿日誌などで自分をみつめることからしてみてください。きっとヒントがみつかると思います。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。